【デビューキッズ必見】1歳半から最適!おすすめのヘルメット


ストライダーに乗り始める1歳半の子供に合うかっこいいヘルメット3選を紹介します。

何度も買うものではないので失敗しないためにも厳選し、さらに見た目もかっこいいヘルメットを選びました。

 

1歳~3歳児のヘルメットおすすめ3選

【山から陸まで】かっこいいキッズは迷わずこれ

Bernは2004年にアメリカのボストンで誕生。スケートボードやスノーシーンにて有名でヘルメット界を長くリードしてきたブランド。

 

キャップをヘルメットの下に被っているかのようなストリート風のスタイルは多くのストライダーキッズに愛されています。

 

日差し部分のインナーは取り外し可能でスノーなどでは別途販売の耳当ての付属を付けたりと、幅広いシーンで使用が可能!!

1歳半から3歳半くらいまではXS/Sサイズがおすすめ

 

重さ 323g
適合規格 CPSC EN1078
XS/Sサイズ 48 – 51.5cm

 

Bern Nino

男の予用のデザインのNino

 

Bern Nina

女の子用のデザインのNina

 

【シティー派】実用性トップ!軽量なおしゃれタウン用

 

OGK Kabuto (Pine)

日本発のヘルメット会社。幼児用に細かい年齢ターゲットのモデルも展開し、プロまで愛されている信頼のブランド。

 

首の後部にライトで光る反射鏡がついていて夜道も車から身を守れて安心。

一番いいなと思ったところは,顎ひものバックルが装着する際に肉を巻き込まない安全設計

よく子供にかぶせるときに何度も挟んで泣かせていたのでこれはありがたい!

 

ママチャリの後ろに乗る際や普段のスポーツにも軽量で最適。スタイルや機能、付け心地までやさしいヘルメット。

PINEは1歳から3歳までのブランドモデルです

 

重さ 230g
適合規格 SG基準
Pineモデルのサイズ 47〜51cm
OGK Kabuto pine

1歳から3歳までのピンポイントサイズ

画像は Kabuto公式HPより

 

【最速キッズ】フルフェイスで本気のレーサー

 

Tete Fortia フォルティア

 

全部で6色のカラーがあり、バリエーションが豊富。2歳クラスのスタート地点に並ぶときにフルフェイスで目立つこと間違いなし!!3歳クラスで横にフルフェイスの子が立った時は「もうダメかも」とビビりました 笑

 

日本の自転車、パーツ卸会社が展開させる自転車ヘルメットブランドのTete。サンバイザーと顎ガードが取り外し出来てかなり万能。

 

小さい頃は手もうまくつけないで顔から転ぶこともあるので、フルフェイスはお子様の顔や顎ををスポーツのケガから守るには最適。

3歳からBMXを乗り回す子もいるのでダートコースをガンガン乗りまわす予定なら、初めからフルフェイスに慣れておくのもいいですね。

1歳半はSサイズをお勧めします。

重さ 約340g
適合規格 CE
Sサイズ 46-51cm
Tete Fortia

サンバイザーと顎ガードが脱着可能

画像は Tete公式HPより

 

ヘルメット寿命はある?

ヘルメットは3年で買い替えをするのが理想。

そこで、まずは5歳、6歳まで安全で、いろいろなシーンにも使えて

さらにデザインと安全性が備わっているものを厳選しました。

 

たくさんあるけど選ぶ基準は何?

家族の趣味によって選ぶ基準が違うと思うので

ストライダー以外にもどんなことに使いたいのか

考えたら選びやすいと思います。

 

品質を保証する証ってなに?必要?【結果必要】

2歳くらいまではヨチヨチ乗ってて見てるほうも安心だけど

3歳くらいから足の力が強くなりかなりスピードが出ます。

ちょっと目を離した隙に公園内とは言え斜面で遊びだして

激しく転倒なんてこともよくある話。

そんな時に被ってはいたけど簡単に壊れてしまったり

きちんと被れてなかったなどで怪我をしては元も子もありません

 

耐久テストや必須機能を揃えているのかなどを

国や機関が認めたものだけが証を証明できます。

万が一に備えてきちんとした規格を合格した

ヘルメットを選ぶ手段として

品質保証する証があるものを選ぶことをお勧めします。

3商品を選んだわけ

「アクティブ系」、「タウン派」、「レースに集中フルフェイス」

3つのタイプで人気のデザインを1つずつ紹介いたしました。

子供用ヘルメットとしての商品でも対象が5歳からだったり

デザイン、機能、安全性、サイズ全てをクリアする

ものを探すのは時間がかかりますよね。

ここでは1歳半からだいたい3年間使用が可能なヘルメットとして

安全基準の証があり、デザインもかっこいい人気のトップ3を紹介しました。

山好きだったり、タウン派、またはランニングバイクチームで練習

など、家族によってレジャーや休日の過ごし方が違うと思います。

ヘルメットを被るシチュエーションをストライダーのみでは無く

ほかのシーンでも使うとこを想定して

それぞれ違ったヘルメットを紹介してみました。

 

1歳半~2歳のへルメット選びにお役に立てたらうれしいです。

 

 

 



関連記事一覧




「Runbike.net」

大会開催情報をはじめ、チームやイベントの告知も広めたい。

始めたばかりでどこで仲間を見つけたらいいかわからない人や世界の大会制覇目指す
幅広い選手へ
「すべての情報を届けたい」を
モットーに運営しています。

告知や募集はいつでも投稿や編集が可能。
詳しくはこちらからどうぞ